読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんのほとんど1割バッター

そんな話を60代の方から聞いた。

 

それは決してネガティヴな話ではない。

 

9割は失敗してんだから、大人から色々学びなさいってことだ。

 

仕事の悩み、私生活の悩み、

 

ぶっつけ本番の人生を生きている私たちが少なからず抱えているものだ。

 

おっさんを忌避する風潮がある。

 

私もおっさんは苦手だ。

 

特にフェイスブックで文句や批判ばかり言っていて、なぜかプロフィール写真がインカメラで撮ったドアップの顔下半分が見切れてるような写真にしてるおっさんが大の苦手だ。不器用だけどSNSやってみた感を誰もおっさんには求めていない。

 

でも、そんなおっさんも9割を失敗してきた1割バッターなのだ。と思うと、途端に見方が変わる。

 

おっさんは不器用だ。

若造が粋がっていると、すぐに講釈を垂れてしまう。

 

そして、若者は気付かぬフリをしている。

自らが、おっさんロードのど真ん中を駆け抜けている、その現実に。

 

おっさんロードの先を行くおっさんには、自分の後を付いてくる可愛い後輩にしか見えないだろう。皮肉だが、そうなのだ。

 

可愛いおっさんの卵が、過去の自分と同じ顔して自分と同じ道を進もうとしている。

 

おっさんが講釈を垂れるのは、親切なおっさん心からなのだ。

 

 

 

そう。

 

 

 

現実を受け入れたら、おっさんは師匠に変わる。

 

 

 

 

 

f:id:gatikyo:20161120222000j:image

 

おっさんへの道は今開かれた。

 

可哀想に。あなたにできることは、どんなおっさんになりたいか。を選び

どんなおっさんをメンターにするか。それだけだ。

 

それが、あなたの豊かなおっさん人生につながるのである。